資金計画

まずは資金計画を立てましょう。

1. 年収の35%が年間支払額の目安です。その金額が支払えるか、これはとても重要です。余裕をもって算出してみましょう。

2. 上の金額を基に、借入可能金額をシュミレーションで算出しましょう。

3. 諸経費を算出してみましょう。建築確認 ローン 生命保険 火災保険 つなぎ融資 登記 印紙 引っ越し 祈願祭儀 等々です。

4. 借入可能金額から諸経費合計を差し引くと、土地 建物に充てる金額が算出出来ます。この金額にあてはまる 場所 建物を探しましょう。

5. 金融機関、建築業者に相談しましょう。ご自分の状況を詳しく説明することで、的確なアドバイスを受けられます。

  

 

金利のお話

一般的なローンの場合 下記のような金利の選択になります

変動金利 = 金融情勢の変化に伴い返済の途中でも定期的に金利が変動するタイプ

固定金利 = 当初3年間○%」など、一定期間に固定金利が適用されるタイプ

フラット35 (かつての住宅金融公庫で、現 住宅金融支援機構 の住宅ローン、民間金融機関窓口で申し込みすることが出来る)

全期間同一金利 = 35年間全期間を通じて同じ金利が適用され、毎月の支払は35年間変わりません (35年固定金利)

段階金利 = 返済期間が10年経過した時点で金利が変更されます                                  <最新の金利情報はこちらから>

 

住宅補助金

 

住宅の減税制度

 

住宅優遇制度